タロット占いって何が見えるの?

みなさんタロット占いって一度は聞いたことはあると思います。
ただ、タロット占いによって何が見えるのか、何を知る事が出来るのかというのはあまりご存じない方も多いのではないでしょうか。
今回はタロットカードの歴史からタロットカードの選び方、占い方まで、ご説明したいと思います。

・タロットカードの歴史と種類

タロットカードの歴史は15世紀前半にイタリアで始まったと言われています。
そこで作られたのが、最古のタロットカードと言われている「ヴィスコンティ・スフォルザ版」のタロットカードです。
画像
その後、フランスに渡り、「マルセイユ版タロット」という現代のタロットの基本形となるものが作られました。
その後続々と新たな形が出来上がっていきます。
画像

アーサー・エドワード・ウェイトががデザインし、ライダー社から出版された「ライダー版」や、
アレイスター・クロウリーがデザインしたトート版タロット」等、沢山のタロットの種類があるのです。

この「ライダー版」は全タロットの中で売上が断トツ1位であり、多くのタロットの基盤とされています。

・タロットカードは結局何が一番良いの?

タロットカードの選び方はこれ!というものはありません。
自分のフィーリングや好きな絵柄で選ぶのも一つの手です。
そんな適当で良いの?と思う方もいらっしゃると思います。ですが、結局は「タロットカードに対する気持ち」が占いの結果に反映されますのでフィーリングや絵柄で選ぶのも全然問題ありません。
それでも中々選びにくい~!という方は先ほど説明した「ライダー版」が多くのタロットの基盤となっており、教本も多く発売されています。
悩んだやらこれに決めてしまうのも一つの手と言えるでしょう。

・タロットの占い方法

・実はタロット占いで見える事は限定されています。
タロット占いで見える事とされているのは「近過去から今現在の状況、状態」そしてそこから予想される未来と言われています。
そして現在を起点として過去未来を占いますので、遠い未来を占いたい場合には不向きです。

占い方にも

・ワンオラクル
・ヘキサグラム法
・ケルト十字法
・ホロスコープ法

など複数の占い方法があります。

ワンオラクル
ワンオラクルは一枚のカードを使用し、一日の運勢や質問をイエスかノーで知りたい場合や一つの回答を求めている時に向いています。

ヘキサグラム
7枚のタロットカードを使用し、✀バランスの良い占い方法と言われています。
大体の問題に対応する事が出来、特に恋愛や対人関係などの問題を占うときにむいています。

ケルト十字法
10枚のタロットカードを使用し、占います。
質問者の現状や心情を示すのに向いてるスプレッドとなっており、自分自身を占うのに向いています。
ホロスコープ法

13枚のカードを使用し、占います。
西洋占星術をモチーフに発明され、全体的な運命を占うのに向いています。

細かな占いかたを説明してしまうと膨大な量となってしまうので、ザッと説明しましたが、要するに、その時の占いたい内容に合った占い方があるんですね。
この占い方についてはまた改めてゆっくり説明したいと思います。

・本当に当たるタロット占いとは?

タロット占いは対面鑑定だけではなく、電話鑑定でも占う事が可能です。
むしろ電話占いの方が、占い師の方も相手の顔や外見など余計な情報を入れず、集中してタロットに専念できるので電話占いの方が占いやすいという占い師の方も多くいらっしゃいます。
電話占いのサイトは、アナン、シャイン、エキサイト、ヴェルニ等と様々ありますが、電話占いリンクではタロット技術に特化した先生も在籍しているのでとてもお勧めです。

The following two tabs change content below.

小野友裕

最新記事 by 小野友裕 (全て見る)

この記事を気に入ったらいいね!しよう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。